お知らせ

大変だ!看板が風で倒れた!

「米寿米の郷」立て看板の修復作業!

 

2017年11月5日、先日の風雨で看板が倒れてしまったため立替作業を行いました。

 

まずは解体作業から・・・。

 

①藁の結び目をなたで切り「ハデ場」全体を倒す。

 

②細木に付いている藁の結び目を丁寧に取り除く。

 

③再度、細木を土にさし基礎となる柱を立てる。

 

④等間隔(約30cm)に横棒を藁のひもで結びつける。(この結び方が熟練の作業で、まだ若者(50歳代)には難しくてできない。

 

⑤位置を確認しながら看板を付ける。

 

⑥全体のバランスを見ながら3つの看板を付ける。

 

⑦ようやく完成!(約1時間の作業)

 

⑧最後は作業に参加したメンバーで記念撮影!(先生方(70~80歳)と若者達(50~60歳))

 

P:あれっ?昨年より看板の位置が一段低くね~??雪に埋まらない?