お知らせ

2016おいしい米作りのために①~新潟県魚沼地方へ研修~

米の最高ブランド!新潟県魚沼産 新潟県十日町市池谷集落へ視察研修

 

2016年8月21日、新潟県魚沼地方の新潟県十日町市池谷集落へ研修に行ってきました。

 

今回お邪魔した池谷集落は、2004年の中越大震災を経て、住民が減り限界集落と呼ばれる状態となりました。
集落が今まで守ってきた棚田や自然、農道、家屋はもちろん、それを維持する農業技術、生活文化、伝統を次世代に継承し、この地域が将来も人の働く場、生活の場として維持していくため、「十日町市地域おこし実行委員会」を立ち上げ、様々な取り組みをされています。

 

今回、代表の多田さんからお話を聞いてきました。

 

マイクロバスを借り上げ、一路、新潟へ!

 

視察先の待ち合わせは午後だったため、途中、十日町市内にある農家レストラン「じろばた」で昼食。

従業員でもある農家のお母さん方々から、料理の紹介や地域の特産、農家レストランの設立経緯や運営方法について説明をいただきました。

全員注文は『じろばたセット』1,100円

 

 

 

 

市街地を抜け県道から横道へ。細いくねくねした山道を走ること約15分。ようやく池谷集落へ到着!

周りは商店もなく民家が所々に点在。道路脇には小さな棚田続き、まさに我が山浦集落と同じ風景!

 

 

待ち合わせ場所は学校跡地の集会所で、そこで代表の多田さんと合流。

早速、集会所で多田さんから池谷集落の状況と地域おこしの取り組みなどについて説明を受けました。

 

 

説明後は、意見交換を行いました。

  

 

お忙しいところ、大変ありがとうございました。